うっかり日焼けをしてしまった後の対処法について

これからの時期、うっかり日焼けには要注意です

まだ春先でさほど厳しい暑さもなく、ほんのちょっと洗濯や近場のお出かけ位じゃ大丈夫だろうと思って、日焼け対策をしていないひとは多いです。しかし、これからの季節、冬と違い紫外線の量は大幅に増えます。そのため、ほんのちょっとの外出や洗濯物を干すときも、紫外線対策は必要なのです。また、昔と違い今は紫外線の量も増え、放っておくとシミやそばかすや皮膚がんの原因になってしまいます。

うっかり日焼けをした後の正しい対処法とは?

日焼けはやけどと同じで、まずはクーリングすることが大切です。流水で20分以上冷やしたり、プールや冷水のお風呂へ浸かるといいでしょう。プールに入る場合は、肩までしっかりと水の中に浸かるようにしてください。また日焼けをした後の専用の化粧品を使うのもお勧めです。アロエ配合のアフタージェルやクリーム、ステロイド配合の薬を使うこと。また水ぶくれや全身に熱がある、痛くて眠れないという症状がある場合は、皮膚科へ受診することもお勧めです。水ぶくれができるほどの日焼けをしている場合は、水ぶくれがやぶれて、そこから雑菌がはいる場合があります。そうならない為にも、すぐに医療機関へ受診しましょう。

自宅でできるスキンケア

うっかり日焼けが原因のシミやそばかすを防ぐには、スキンケアも大切です。トラネキサム酸やビタミンC、フラーレンが配合された化粧品を使ってしっかりと保湿をし、クリームで蓋をして潤いのあるお肌を作ります。日焼けをすると肌は乾燥した状態なので、シミやそばかすだけではなく、肌荒れを防ぐためにはしっかりと美白化粧品を肌に浸透させましょう。

品川美容外科の訴訟まとめサイト